ハイリスク・ハイリターン!?信用取引の魅力


レバレッジをかけられる点が大きい

株を本格的にやろうと考えているのなら、信用取引口座の一つぐらいは作っておいたほうがいいと言われていますよね。もちろんこれには理由があります。一般口座での取引に比べて、得をすることができるからこのように言われているわけです。レバレッジをかけられるという点が、最も大きいポイントでしょう。信用取引の場合は、自分の総資産額を超えて株の売買を行うことができます。最大三倍までのレバレッジがかけられるので、リターンも三倍に跳ね上がる可能性があります。

一般口座にはないサービスが利用可能

たとえば、手数料が低くなるというメリットも信用口座では受け取れる場合があります。証券会社によっては、信用取引には手数料をかけないとしているところもあるからです。株の売買に毎回かかる手数料は、直接的にリターンを減らす要因の一つですよね。手数料をゼロにすることができれば、取引回数や取引総額が大きい人ほど効果を実感できるようになるでしょう。もちろんリスクもあるにはありますが、レバレッジをかけなければ現物取引より危険だということはないので安心です。

下げ相場の中でも利益を生み出せるのが信用取引

現物取引の場合は、下げ相場で利益を出すことはかなり難しくなります。下げ相場の中では、ほとんどすべての株銘柄が価値を落としていくからです。しかし、売りから入ることのできる信用取引であれば、そうした利益を出しにくい相場環境の中にあっても、普段と変わらず儲けることができるでしょう。売りから入って買いで終われば、暴落時にも暴騰時と同じだけの利益が出せます。本格的に株をやるなら、信用取引口座はほとんど必須だと言っていいでしょう。

信用取引とは、証券会社にある程度の資金や株を預けることにより、最大三倍まで株取引が出来たり、貸株による空売りの取引が出来る事です。資産の運用の幅が広がります。