ゲーム制作の専門学校とは? おさえておきたい基本のポイント


ゲーム制作の専門学校はどんなところ?

ゲーム制作の専門学校とは、その名の通りゲーム制作の現場で通用する人材を育てる学校です。ゲーム制作では、スタッフが専門分野に分かれて作業にあたるのが一般的なので、専門学校でも各分野の基礎を学べるようになっています。具体的には、プログラマー、デザイナー、作曲の分野を学べるのが通例です。とはいえ、ひとりの学生がすべての分野を学ぶわけではありません。各分野が果たす役割を簡単に把握したあとは、分野別の詳しい学習が始まるのが一般的です。

どんなカリキュラムがあるの?

ゲーム制作の専門学校では、主にプログラマー・デザイナー・作曲に関する基礎を学べます。入学を希望した段階で、または入学後しばらくしてから自分がどの分野を学ぶのか決めることになります。カリキュラムの基本的な流れは、講義のあとに実践です。学んだ知識をもとに具体的な作業ができるかどうかが成績を左右します。卒業が近くなると、すべての分野の学生でチームを組み、ひとつのゲームの完成を目指すこともめずらしくありません。学習の総仕上げともいえる成果物が完成しないと、卒業できない可能性もあります。

卒業後の進路について

ゲーム制作の専門学校ですから、当然ながらゲーム業界への就職を目指す学生がほとんどです。しかし近年ではゲーム業界への就職は難しくなっており、全員が第一志望の会社に就職できるとは限りません。ゲーム業界とは無関係の会社に就職する場合もあります。入学前に資料を集める段階で、就職実績を調べたり、就職活動についてのフォローがどのように行われているかチェックしたりするとよいでしょう。就職に関する情報がわかりにくい学校は、カリキュラムが不十分なことも考えられます。

ゲームの専門学校の専門学校は、日本全国に多く存在しています。自分自身が何を学びたいのか、学びたい内容に特化した専門学校を選びましょう。