いちいち入力するのは面倒!オンラインショッピング時のカード情報入力を楽に行う方法


買い物のたびにカード番号を打ち込むのは面倒

オンラインショップでクレジットカードを使ってよく買い物をするという場合、面倒なのは買うたびにカード番号や名義を入力しなければならないことです。特にクレジットカードを財布やカードケースにしまっている場合、ハンガーにかけているポケットから財布やケースを取り出し、さらにカードを取り出してモニターの前で確認しながらキーボードを打ち込んでいくという作業が必要になります。では、こういった作業を省略する方法はないのでしょうか。

サイトにカード情報を保存してしまう

もし、オンラインショップがカード情報の保存システムを備えていた場合は、カード情報を入力したあと、サイトに保存するという方法があります。この方法だといちいち打ち込む必要がないので楽です。ただ問題なのはセキュリティがどうなのかという点でしょう。実際、オンラインショップのデータベースに不正アクセスがあり、保存されていたカード情報が何万件も流出したという事故は過去にいくつも起こっています。そういったことが不安なのであれば保存は避けた方がいいでしょう。

ソフトウェアなどを用いてワンクリックで入力する

別の方法としては、パソコンのソフトウェア、あるいはブラウザのアドオンを利用してカード情報を入力するというものがあります。こういったソフトウェアはデータの暗号化に対応していることが多く、万が一、パソコンにウイルスが感染して、第三者のアクセスを許すことになったとしても、パスワードがわからなければパスワードを知られることはありません。カード情報の入力はボタンを一回クリックするだけでできるので非常に簡単です。

決済代行サービスとは、その名の通り代わりに決済してもらうのですが、商売をしていて一番難しいのが資金回収で、それを気にしなくてすむのは、手数料払ってもメリットがあります。