相続準備必要なものは?迷わないための税理士活用


準備だけでもやることがたくさん。相続は大変なのです

相続の準備といえば何が必要なのか、すぐ思いつくのは相続人となる家族の誰が何を相続するのか、その配分についてではないでしょうか。でも、言葉にすれば簡単ですが実際には色々なことをしなくてはならないのです。例えば土地を三人の子供に等分に分けたい、と考えても、それぞれの場所が別であれば同じ面積でも価値が大幅に変わってきてしまいます。ですので、それぞれの土地の価値を正確に算定するところから始めなくてはならないのです。

財産には色々な形があって全て算定方法が異なる

財産が土地だけであれば何とか相談窓口からのアドバイスで切り抜けられるかもしれません。ですが、自宅の家屋も財産ですし株式などの有価証券なども持っていたりはしないでしょうか。そして、現金以外の全てがそれぞれに算定方法を持っていたり算定できる人も変わってきます。これらについて全て自分で手配をするとなると現実的ではなくなってきますよね。こういった場合に心強いのが相続に関して専門的に扱っている税理士の存在になります。

利点は手間についてだけではない

税理士への依頼が便利なのは、相続の基本となる財産が持つ価値の算定の手配を任せられるからだけではありません。例えば、商売では売り手は安く手に入れたく、そして買い手は高く商品やサービスを売りたいと考えます。当然相続については相続税に有利に働くようにしたいと考えますよね。ですが法律に違反しないように節税をしたい、と考えると専門家を頼るのが一番となってくるのです。もしも相続対象になりそうなものが分からないとか、複数あるような場合には自分で悩むよりも税理士に相談する方が楽であり更にはお得なのです。

相続の申告を税理士にするとお金がかかると思われますが、無駄に相続税を払わなくてよい分、逆に増益になります。